ASD・ADHDな私が 自己肯定感について考えてみた。自己肯定感よりも「○○」を高めよう!

自己肯定感とは

自己肯定感(じここうていかん)とは、自らの在り方を積極的に評価できる感情、
自らの価値や存在意義を肯定できる感情などを意味する言葉であり
自尊心、自己存在感、自己効力感、自尊感情などと類似概念であり同じ様な意味で用いられる言葉である

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

何やら難しい説明ですが、自己肯定感を簡単に言うと

 自分自身に対してポジティブな感情で「OK」と言えることでしょうか。

 

 

この自己肯定感が低いと・・・

メンタルの強い人は、自己肯定感があるとか、自尊感情が強いという言葉を
耳にしたことがあるかもしれませんね。

また、メンタル疾患になる人は自己肯定感が低いことなども
広く知られています。

まだ自分自身が発達障害だと知らなかった若いころのわたしは、失敗の連続で
とてもじゃなけど自分自身にポジティブな感情でOKとは言えなかったです。

そして、この自己肯定感の低さから多くのメンタル疾患にも悩まされてきました。

 

この自己肯定感がうすれると・・・

 

不思議なもんで年齢を重ねると、この自己肯定感とか「自意識」自体が
だんだんと薄れてくるのですね。だから、今若くして発達障害で自己肯定感を
持てない方も、この自意識が薄れると苦しみも減ってくるのではないかと思うんです。

私の場合は、仕事で多くのご高齢者の方と接するようになって、毎日のように
病気で自分よりももっともっと大変な苦しみを持っている方、思いもよらぬ苦労を
されている方とお会いするようになって、否が応でも自意識が薄れていき、

「目の前で困っている人のために何ができるのか」

そんなことばかりを考えるようになりました。

言葉の一つだけでも良いので人に『親切』にすると、
脳が自分には余裕があると勘違いして
自分が持っている以上の能力発揮できたり、驚くことに
長生きできる遺伝子までが活性されるという研究もあるそうです。

だから「自分に余裕がないときこそ、誰かのためにできることを考える」
って、もしかしたら大事かもしれませんよね。

きっと、年齢的にも自意識が薄れてくれば、自己肯定感?そんなもんはクソくらえ!
どうでもよくね!?って感じになってくると思います(笑)

それでも自己肯定感を高めたい方は・・・

 

それでも自己肯定感を高めたい。

お気持ちはわかります。

しかし、自己肯定感を高く持つのも少し考えもので、コインの裏表だということを
覚えておいてほしいんです。調子が良く自己肯定感が高いときは良いのですが、
なにかにつまづいてしまったときは、いっきにコインが裏返ってしまいます。

できれば、自己肯定感も高すぎず低すぎず、中庸(ちゅうよう)の
考えを持っておくことが大切です。

どうしても、自己肯定感を高めたいと思っている方には、ぜひ、
セルフコンパッションを高めることをおすすめします。

セルフコンパッションとは、ご存じでしょうか。

セルフコンパッションとは

 

自覚している欠点、失敗、または一般的な苦痛に対して、自分自身への同情を拡張することである。クリスティーン・ネフは、自己同情を、自己親切、共通の人間性、および注意力という3つの主要な要素で構成されていると定義する。

・自分への優しさ:悲しみや個人的な欠点に直面したときに、それらを無視したり、自己批判で自分を傷つけたりするのではなく、自分に向かって温かく接することである。

・共通の人間性:苦しみや個人的な失敗を遠ざけるのではなく、人間の共通の経験の一部であることを認識することも含まれる。

・マインドフルネス:感情が抑制されたり誇張されたりしないように、否定的な感情に対してバランスの取れたアプローチを取る必要がある。否定的な考えや感情はオープンにして、観察しマインドフルな意識の中に保つ。マインドフルネスとは、個人が自分の考えや感情を抑制したり否定したりすることなく、そのまま観察する、良し悪しの判断をしない受容的な精神状態のことである。逆に、マインドフルネスにおいて、精神的または感情的な現象で嫌悪感場を引き起こさないためにも「過剰に識別」しないことを必要とする。この後者のタイプの反応は、自分の否定的な感情に焦点を絞り、反芻することを含んでいる。

 

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

注目したいのは、最後のマインドフルネスの考えです。

自分の否定的な感情にもオープンマインドで
良い悪いを価値判断しないスタンスこそが、
自分自身を楽にする考えではないかと思います。

また失敗やダメな自分の部分も人類が普遍的に

経験してきたことと理解すること。

自分自身に対して親友のようにやさしく接することが、

他人に対してのやさしい気持ちにも繋がりますので、

このセルフコンパッションをぜひ高めておきたいものです。

まとめ

現在、発達障害による自己肯定感の低さゆえ、苦しんでおられるかもしれませんね。

しかし年齢とともに自意識も薄れ、きっと少しずつ楽になってきますので安心してください。

いろんなことを知って学んで実践することが、きっとあなた自身の支えとなることでしょう。

また、自分が苦しい時こそ、誰かのためにというスタンスこそが、

結果として自分を助けるということに繋がるように思います。

自己肯定感を高めたいと思う方は、決して自己肯定感を高めるだけでは

苦しみから逃れられず、表裏一体の関係にあることを覚えておいてほしいです。

自己肯定感よりも、ぜひセルフコンパッション学んで実践していきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました