禁煙はメリットしかない?男でも女でも発達障害に禁煙をすすめる理由と意外な効果とは

7月30日に、今年の10月からたばこの値上げすると発表されましたね。

 

✅禁煙したいと思っていてもなかなかできない。

✅禁煙に何度か挑戦したけど無理だった。

✅禁煙を成功させたい!

 

絶対に、たばこを止めたいというより止める!

そんなあなたに、まずはゴールから見せます!byケイスケホンダ⚽

失礼しました。この茶番ネタが何のことが知りたい方は

前記事をご参照くださいませ。

 

さて、もしもあなたが禁煙できたとしたら、その先にどんな

未来が待っているか想像できますか?。

禁煙一つで、人生が変わるきっかけになるとしたら

とても素晴らしいことだと思いませんか?

失敗しても、あきらめず挑戦することに意義があると思いませんか?

一生タバコを吸い続け、大事なお金も時間も健康も失う人生を

選択するのか、

タバコとスッキリおさらばする人生を選択をするか、

どちらを選択するかは、あなた次第です。

 

禁煙して良かったこと

 

てんいろは、今から約6年前に17年間吸っていたタバコを

止めるのに2度失敗し、3度目でなんとか禁煙に成功出来ました!

あれから、1本も吸っていません。

そして、今では禁煙して心底良かったな~と思っています。

本当に良かったことはいっぱいありますし、デメリットは

一切思いつかないな~というのが率直な感想です。

それでは、良かったこと長くならないよう、厳選してお伝えしますね!

 

禁煙して良かったことその①

これが、一番かなと思うのは、イライラすることが

減ったな~!ということです。

わたしがたばこを吸っていた目的はリラックスできるし

イライラを抑えるためだったんですよね。

ところが、これは身体のニコチン濃度が低下したために

起こるイライラで単にそれを抑えるために、

タバコに依存していたんですね。

実は身体のニコチン濃度が減ることで、

非常にストレスレベルも上がり、

ストレス解消のハズのたばこがトレスを増やす

要因だったというわけなんですよね。

もう、ニコチンを欲して苛立つこともなくなりましたから

当然イライラが減ったというのも当たり前のことかもしれません。

 

禁煙して良かったことその②

これ、よく言われるやつかもしれませんがとにかく時間が増えました!

てんいろは、タバコ一本をフィルターギリギリまで吸いきり、

1本吸うのに5分程度かかり、また変なこだわりで灰を灰皿から

落とさないように全集中してタバコに時間を費やしていました。

だいたい一日20本吸っていたので2時間も

無駄なことに時間を使っていたんですね。

現在はこの時間を、散歩や趣味にあてるなど

有効活用できているので

これは、本当に人生が変わります!貴重な時間が増えたことは

とても素晴らしいメリットですね!

 

禁煙して良かったことその③

禁煙開始より、いくら節約できたかをアプリで管理しているんですが、

5年と6カ月で939.175万円もお金が浮いたんですよね~!

ホントに凄くないですか?嬉しいです!!!

たった一日440円のタバコを節約しただけでこんなに節約できるなんて

びっくりしました。てんいろは、一年禁煙できたご褒美に

3万円くらいのノイズキャンセリングイヤホンと

10万円くらいの電子ピアノを購入いたしました~!

それでも今となってはおつりがきちゃいますね。チャリンチャリン$♪

 

 

たばこを止めるコツ

 

タバコやお酒を止めることって、とても難しいですよね。

特にADHDや発達障害が依存症になりやすい傾向があること、

またその克服は容易ではありません。

なぜ、発達障害がたばこやお酒などに依存しやすい傾向にあるのか、

また、その依存症の克服のカギもまとめていますが、

まずは、たばこと距離を置くような工夫が大切です。

そして、何のために止めるのか、その目的を明確にした上で

自分と約束し決意することも必須です。

 

ただ、止めようと思うと反って吸いたくなるという衝動に襲われ

それは大変だったと記憶しています。その衝動が襲うたびに、

「別に吸っても良いけれども、吸わないという選択ができた!」

と一回一回唱えて、小さくガッツポーズをして達成感を味わう

という戦法で乗り切りました。今日一日止めれて嬉しな!って感じで

喜びを味わう。止めたい、吸ってはいけないということでなく、

自分で一回一回能動的に向き合うというマインドに変えていったことが

わたしの場合は効果を発揮しました。

こちらは個々の性格に合わせてやることがベターです。

リスク回避型の方は、病気や将来のお金の心配があるから

止めるんだ!みないな感じの方がモチベーション上がると思います。

また、薬物療法(チャンピックス)や精神科外来の先生の

お陰だと思います。

禁煙外来の先生がとても楽しい先生で、いつも

笑わせてくださいました。また、マインドフルネスや

エンプティチェアなど心理療法をさりげなく教えてくださったりして、

病院に通うのがとても心待ちで楽しかったんですね。

禁煙自体はとてもきつくて苦しかったのですが、

先生のお陰で一つ楽しみを見出だせたことが

成功の秘訣だったように思います。

 

 

発達障害に禁煙をすすめる理由

 

発達障害でなくても禁煙をぜひおすすめしたいですが、

発達障害なら尚更おすすめしたいですね。

喫煙は血管に与えるダメージが大きいので、心臓や脳血管などの

障害リスクが非常に大きいです。

また、ADHDのイライラでお困りのあなたも禁煙でもしかしたら

かなり軽減する可能性もあります。

また、禁煙できたことがきっと自信に繋がり、意欲もさらに

高まるからです。失敗しても、何度でもトライしてみましょう!

禁煙外来など専門の力を借りればかなり確率は上がりますので。

 

まとめ

 

何かをはじめるよりも、止めることの方が難しいのかもしれません。

それでも、禁煙はなんど失敗しても試行錯誤しながら

再挑戦するだけの価値のあることだと思います。

健康、時間、お金、大切な人やペットとのふれあいのために…

禁煙後の自分に会える日を楽しみにして、

ともにがんばりましょうね!グッドラック!

コメント

タイトルとURLをコピーしました